ケーズル工法

店内イメージ

既設アスファルト・コンクリート路面にケーズルビットにより環状溝を設け滑り止めを施します。
規定の回転数により冷却水をかけながら環状溝を施工します。
ケーズルリングビットにより既設路面に特殊2段環状溝を施し、そこにケーズルノンスリップリングをはめ込みます。



  • 用途
    ・路面のスリップ止め効果
    ・夜間の路面反射で視認性を高める。
    ・安全性の向上
  • 長所
    ・必要な場所だけの施工により経済的
    ・施工後の養生期間もなく、営業中の店舗や稼働中の工場などでも施工可能
    ・大型機械の入らない狭い場所での施工が可能


    ケーズル施工について

    既設路面に施工可能。
    夜間の視認性と安全性を向上させます。